HOMEブログ店長ブログ >川渡餅(かわたりもち)

川渡餅(かわたりもち)

2014/12/01

 こんばんは。

昨日は、晴れ間ものぞく時もありましたが、今日は、午後から雨風が強い荒れた日になりました。

いよいよ本格的な冬の到来ですね

 

昨日の クリーニング は、直江津のお客様宅で、エアコンクリーニング レンジフードクリーニング、ガラス網戸クリーニング をしました

しっかり綺麗になり、お客様も喜んで頂きました

有難うございました

 

そして今日は、市内のお客様の家の片付け お手伝いパック に行って来ました。

来週の9日に、今日のお客様の お手伝いパック 残りに行って来ます

頑張って、作業させて頂きます

 

 

そして地元上越では、12月1日に川渡餅を食べ、無病息災を願う風習があります。

  川渡餅が販売されるのも、1年のうち、前日の11月30日と12月1日の2日間だけです。

 

 
川渡餅の由来は、古くから12月1日をおとごのついたちといって、朝、餅をついて食べると水難を免れ

 ことができるとされていたようです。

 この縁起にちなんで、上杉謙信公武田信玄公との川中島の戦いの際、開戦に先立ち将兵に餅を配

って力づけるために食べさせたと伝えられています。

以来、謙信公の戦勝と武勇にあやかる様、川を渡る前に食べた餅を12月1川渡餅と称して食べ、心

身の鍛練とする行事を残すようになったようです。

 

もちろん、我が家でも毎年食べています

 とても 美味しい ですよ

関連のブログを見る